@





       
ENGLISH
運営団体
メロウ伝承館プロジェクトとは?
記録のメニュー
検索
その他のメニュー
ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

戦前の絵葉書 富士山

投稿ツリー


このトピックの投稿一覧へ

編集者

通常 戦前の絵葉書 富士山

msg#
depth:
0
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - | 投稿日時 2013/8/4 16:28
編集者  長老 居住地: メロウ倶楽部  投稿数: 4294

 はじめに

絵葉書シリーズについて

 この資料は安井栄一氏のご了解を得て、ここに掲載させていただくものです。
 この資料の公開にあたって必要な注釈をつけることを、スタッフに依頼されております。


 日本で、いわゆる私製絵葉書の使用が認められるようになったのは、1900年(明治33年)からです。
 当時は、家庭にカメラは普及しておらず、名所旧跡を訪れても写真をとってくることは難しかったのです。
 友人や「留守をまもっている家族」に旅先から絵葉書を出す、「絵葉書を買って帰る」ということは、一般に行われていました。

 また、絵葉書のコレクターも多くおられたようです。
 文士のなかにも、夏目漱石、尾崎紅葉、大町桂月、森鴎外の子息於兎氏などがおられます。

 絵葉書の題材は、名所旧跡ばかりではなく、町の風物、美人画など多岐にわたっていました。

 メロウ伝承館スタッフ

-----------------------------

 大正時代には富士登山をする人も増えてきました。
 1922年(大正11年)には 富士山郵便局・富士山北郵便局が夏季限定で開設されており、富士山の絵葉書もいろいろ売り出されていたようです。

 メロウ伝承館スタッフ


 裾野瀧ヶ原埃(?)平次茶屋富士本屋旅館








 裾野瀧ヶ原全景








 裾野瀧ヶ原野中氏の別邸



  条件検索へ