@





       
ENGLISH
In preparation
運営団体
メロウ伝承館プロジェクトとは?
記録のメニュー
検索
その他のメニュー
ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

お袋が作ってくれたツリ鞄  翻車魚

投稿ツリー

  • なし お袋が作ってくれたツリ鞄  翻車魚 (編集者ze, 2022/8/9 7:18)

このトピックの投稿一覧へ

編集者ze

なし お袋が作ってくれたツリ鞄  翻車魚

msg# 1
depth:
0
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2022/8/9 7:18
編集者ze  モデレータ   投稿数: 36
お袋が作ってくれたツリ鞄

翻車魚
2022年8月6日
·
▼まもなく終戦記念日8月15日(77回)を迎えます。
 当時、私は小学校1年生で名古屋空襲の時(熱田区)に住んでおりました。
 小学校は高蔵国民学校の1年生です。警戒警報が発令されると自宅へ帰り・・・
解除になると学校へ戻る日々でした。
 自宅の住まいは、隣の会社が飛行機の後ろの車輪を製造している工場です。
 夜、アメリカのB-29爆撃機の編隊が名古屋上空に飛来、爆弾や焼夷弾を投下、
そのため名古屋市内は焼け野になりました。
 すべての人たちは、命大事とほんの一握りの手荷物で非難するのが精一杯でした。
 夜が明けると遠く一遠方迄、見渡せます…建物が燃え尽きて皆無でした。”唖然”
 
 終戦日は、犬山(犬山北国民学校・小学校2年生)に住んでおりました。
 8月15日にお袋が迎えに来てくれました。兄弟7人家族でそれぞればらばらに、
知人・親戚等に預けられておりました。
 我が家も、家や家財道具一切燃え尽きました。戦後、親は大変だったです。
 終活で整理していたら大変貴重な品物が出てきました。
 お袋が帯締めの芯で作ってくれたツリ鞄で、小学校6年生まで愛用しました。

▼幼稚園1941年4月~1944年3月東別院のお東幼稚園
 小学1年生のランドセルは、牛革で姉のお古で色は茶系統です。
 筆箱はセルロイド製で無くボール紙製です。
 昭和20年3月19日の名古屋空襲は、午前2時ごろB29爆撃機230機に  
よる大編隊の市街地に対する大規模な攻撃でした。(Webによる) 
 戦後は学校の校舎で二部授業。午前の部・午後の部と別れていました。
 小学6年生から校舎が完成。部屋の仕切りを外すと「講堂に変身」になりました。

▼裏の宅地は、その時代は畑で野菜(サツマイモ・トマト・きゅうり・キナウリ・
よく実る糸瓜型「ヘチマ型」の南瓜・ゴマやトウモロコシ等)を栽培していました。
 一時期、鶏を200羽飼育しており、卵を乾物店に収めていた。
 家族が多くて大変でしたが、市内(瑞穂区内)に4か所、畑として借りていました。
 現在その土地は豪華な建物が立っています。
 麦や大豆は、手動式の粉砕機でうどん粉や黄な粉を作りました。
 お米の配給は玄米でしたので(異物取り除き)、一升瓶に入れて糠を取り、殆ど雑炊で頂きました。
 クジラの肉も、町内の籤引きに当たれば、口に入ります。
 お米も、「米穀通帳」がなければ、「お米やさつま芋等も」購入できませんでした。
 タンパク源は、天白川の田んぼで「イナゴ」取りに行きました。

 現在でもお店でイナゴの佃煮を買ってきます。
 ただし、ジジババしか口に入れません。幼年期はひもじい生活環境でした。
 戦争はこりごりです。
 兄・姉等は、戦時中、工場で学徒奉仕で慣れぬ手つきで、鑢(ヤスリ)を使って物を加工していたそうです。

  条件検索へ