@





       
ENGLISH
In preparation
運営団体
メロウ伝承館プロジェクトとは?
記録のメニュー
検索
その他のメニュー
ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

95歳の「戦争の思い出」 愛ちゃん

投稿ツリー

  • なし 95歳の「戦争の思い出」 愛ちゃん (編集者ze, 2023/8/25 18:08)

このトピックの投稿一覧へ

編集者ze

なし 95歳の「戦争の思い出」 愛ちゃん

msg# 1
depth:
0
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2023/8/25 18:08 | 最終変更
編集者ze  モデレータ   投稿数: 44
95歳の「戦争の思い出」 

投稿者:愛ちゃん(京都)

投稿日:2023/08/24(Thu) 23:04 No.25


▼私は、京都在住の一人暮らしで、2023年に95歳になりました。

*********************************


▼8月になると、78年前の戦争を思い出します。
私は、女学校1年生(14歳)の時、学徒動員で軍需工場へ徴収されました。
落下傘(パラシュート)と飛行機の布を織っていました。

▼落下傘は、5ミリの糸の切れ目も許されません。
開いた時そこから破れるので、その人の命がかかっているのです。
飛行機の布は何に使うのか知らされず、ウワサでは木製の飛行機に
貼る布だったようです。 
ナイロンは戦後の商品で、当時は絹が繊維として一番強かったのです。
 
▼食事は、芋のつるやひじきに、お米が少し混じっているご飯と、
具のない味噌汁でした。
時には乾パン1袋だけの時もありました。
みんなお腹が空いて水をガブガブ飲み、青い顔をして、むくんで
栄養失調でした。
 
▼ハダカ電球の下で、厳しい立ち仕事で疲労困憊です。
クラス50名の生徒に1名の先生がつき、朝礼で日本軍の成果だけ
を聞かされました。 
新聞もラジオもないので、劣勢は知らされず・・・ 
私達は腹ペコで、戦争どころでは無く、考える力も無く、ただただ生きていました。
 
▼大東亜戦争(太平洋戦争) 聖戦(侵略戦争) 玉砕(全滅)
神風(台風) 鬼畜米英〔強国米英) 何もかもの言葉ががウソでした。
 
▼女学生(14歳~16歳)の私達が造る兵器に頼らねばならない国が、勝てるわけありません。
戦争は、勝っても負けても人が死にます。
 
▼平和は、95歳老女の唯一つの願いです。

  条件検索へ