@





       
ENGLISH
In preparation
運営団体
メロウ伝承館プロジェクトとは?
記録のメニュー
検索
その他のメニュー
ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

夢の超特急   蛍

投稿ツリー

  • なし 夢の超特急   蛍 (編集者ze, 2022/10/4 11:26)

このトピックの投稿一覧へ

編集者ze

なし 夢の超特急   蛍

msg# 1
depth:
0
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2022/10/4 11:26 | 最終変更
編集者ze  モデレータ   投稿数: 51
夢の超特急 投稿者:蛍 投稿日:2022/09/30

▼今年2022(令和4)年は、1872(明治5)年10月14日に
日本初の鉄道が新橋・横浜間に開業してから、150年周年ということです。
 私の鉄道の思い出の筆頭は新幹線です。1964(昭和39)年、
新幹線開業直前の9月6日に、試乗券で東京駅から小田原を往復したのが始まりです。

▼新幹線との写真ばかりが貼られたアルバムの1ページを見ると、
8歳だった私は、新幹線の乗車口の前で、姉と一張羅を着て写真におさまっています。
 母もこの試乗には、一緒だったのですが、カメラ撮影に徹していたのか写真には写っていません。
 姉も私も母の手作りのお出かけ用のワンピースを着ています。
 当時住んでいた家から近い渋谷の洋服生地屋「東亜」に母に付き合っていき、
選んだ生地が数日後にワンピースになっていました。
 その頃あまり写真を撮られるのが、好きでなかったけれど、この時ばかりは、
母の意気込みと周りの高揚感に圧倒されたのかポーズをとっています。

▼読んでいた子供向けの雑誌では、新幹線の話題が持ち切りで
「夢の超特急」と書かれていました。
 車内に入った瞬間、そのカラフルなシートに「これが夢の超特急だわ」と
子供心に納得したことを記憶しています。
 「ただいま時速200キロ」という車内アナウンスも今も耳に蘇ってきます。

▼1964年から走った0系は2008年に引退しましたが、この0系の「ブライトブルー」は、
今も鼓舞される色となっています。

ブライトブルー:
16進表記: #003F6C
RGB: (0, 63, 108)
マンセル値: 4.5PB 2.5/7.8
参考: 鉄道ジャーナル通巻217号 特集「鉄道車両 色彩の美学」


  条件検索へ