@





       
ENGLISH
運営団体
メロウ伝承館プロジェクトとは?
記録のメニュー
検索
その他のメニュー
ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

戦前の剣道允許状 (としつる)

  • このフォーラムに新しいトピックを立てることはできません
  • このフォーラムではゲスト投稿が禁止されています

投稿ツリー


前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - | 投稿日時 2004/3/1 1:10
kousei  管理人   投稿数: 2
昭和19年春、今で言う剣道2段の允許状《いんきょじょう》をご覧願います。当然のことながら戦前も武道としての柔剣道は盛んでしたが、これに加えて最後の突撃《とつげき》である銃剣術も段位が設定されるようになりました。

此処に掲《あ》げたものは老生が時の中学4年生の春に得た剣道の允許《いんきょ=許しあたえられる》状です。当時は現在の初段を5等、二段が4等などと言う呼び方で頂いたものです。

品質も粗悪なものでしたが、それでも当時の学用品などから見れば随分《ずいぶん》上等な方ではなかったでしょうか?

別に大した役にも立たず、現在孫どもにこれが爺の今から60年前、若かりし頃の免許皆伝《めんきょかいでん》だぞと見せてやりました。

           04.02.29PM:としつる

 (代理投稿)
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2004/3/1 8:32
あんみつ姫  長老 居住地: メロウ倶楽部  投稿数: 485
としつるさん  こんにちは!

貴重なものをありがとうございました!

引用:
当然のことながら戦前も武道としての柔剣道は盛んでしたが、これに加えて最後の突撃である銃剣術も段位が設定されるようになりました。

「銃剣術」《じゅうけんじゅつ》などというと物騒《ぶっそう》な気がしますが、そういう時代
だったんですねぇ(-_-;)

段位を等位で表すというのも、何だかか時代を象徴《しょうちょう》している
ような

--
あんみつ姫

  条件検索へ