@





       
ENGLISH
運営団体
メロウ伝承館プロジェクトとは?
記録のメニュー
検索
その他のメニュー
ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

戦後の賠償指定設備稼働

  • このフォーラムに新しいトピックを立てることはできません
  • このフォーラムではゲスト投稿が禁止されています

投稿ツリー


前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2004/7/20 11:13
kozaru  半人前 居住地: 千葉県  投稿数: 37
昭和20年代の終わり私は学生でしたが現場にいる先輩から戦後まもなく「賠償指定物資(設備)」の稼動が日本の復興を早めたとの話を聞きました。当時のことをご存知の方、改めて勉強したいので教えてください。
占領軍が「賠償物資(設備)」として大型火力発電設備、大型工作機械等を賠償のために指定したそうで日本人の自由にならなかったと聞きました。火力発電設備は当時の日本の電力事情を考慮して稼動許可がありほっとしたそうです。大型工作機械等は発電機主軸《しゅじゅく》等復興機材の製作のため使えて助かったとのことでした。政治的事項は別としてこれらが日本の初期の復興のために大いに貢献《こうけん》したと考えられます。指定の解除なしに稼動でき、その後指定解除になったと聞きました。現場でご苦労された方々の思い出等をお聞かせください。
kozaru
  条件検索へ