@





       
ENGLISH
運営団体
メロウ伝承館プロジェクトとは?
記録のメニュー
検索
その他のメニュー
ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

プライマリー 瀬里恵

  • このフォーラムに新しいトピックを立てることはできません
  • このフォーラムではゲスト投稿が禁止されています

投稿ツリー


前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - | 投稿日時 2011/7/27 7:40
編集者  長老 居住地: メロウ倶楽部  投稿数: 4294

 はじめに

 スタッフより

 この投稿(含・返信)は、メロウ倶楽部の公開サイト「大正の部屋」への投稿(2008/12/20)を、投稿者またはご家族(含・返信者)のご承諾を得て転載するものです。

------------------------------------------------------

 善兵衛さんのサイトを見てきました。
 ベージの中に、掲示板を設定されて居ないようなので ここに思い出なり感想を書きます。

 左図は初級滑空機(プライマリー)ですね。懐かしくて画像を
引用させて貰いました。と言うのは、瀬里恵の旧制工業学校における専門の1つに木製航空機があったからです。(もっとも勤労動員で学習は出来ませんでしたが…)

 いうまでもなくわが校にも一機ありました。文部省1型 駒鳥型などがありましたネ。グライダーには3階級があり 初級機をプライマリー 中級機がセカンダリー、上級機がソアラーと言いますよね。

 善兵衛さんの解説のように、画像の先端にあるフックにゴムを引っ掛けてV字型に並んだ引張り担当が引張ってゆき(尾翼の後部にロープを杭に1巻きした歯止め係りが居る)合図とともに歯止め係がロープを離すと機は飛び立つ仕掛け…。

 中級機以上は自動車に長いロープを繋いでひっぱるとか、或いは後部車輪を外してドラムを取り付け巻き込むとか…。
 ソアラーは飛行機で引張る…。

 善兵衛さん、懐かしい思い出を有難う御座います。

前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2011/7/27 7:46
編集者  長老 居住地: メロウ倶楽部  投稿数: 4294

 瀬里恵さんから

引用:
善兵衛さんのサイトを見てきました。
ベージの中に、掲示板を設定されて居ないようなので ここに
思い出なり感想を書きます。
 
 すみません
 掲示板は6年間ほどは方々から書きこみがありましたが、一昨年頃に殺到する無益無用の書き込みに敗れて陣をたたみました。
 旧型の掲示板だったので全く無抵抗でした。新しいソフトを見つけて再開しようと思いましたが其のままになっています。

 夕陽を背にして高度が下がるに従って、草原に自分の操る機体の陰が近づく。 快適の一瞬を想いだします。
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2011/7/28 6:42
編集者  長老 居住地: メロウ倶楽部  投稿数: 4294

 瀬里恵さん。善兵衛さん。今日は。

 プライマリの話が出てきたので這い出してきました。

 小生は中学時代グライダー部に入っておりました。乗ったのは駒鳥です。4年の時、3級滑空士の免許をとりました。高校では2級滑空士の免許をとってセカンダリーに乗るはずでしたが戦争で駄目でした。

 戦後複座のセカンダリーに乗せてもらい、ウインチで引いてもらって150mくらい上がりました。今はフライトシミュレーターで遊んで
います。

  カッコウ JA0HP de JH1XUE 73
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - | 投稿日時 2011/7/28 6:43
編集者  長老 居住地: メロウ倶楽部  投稿数: 4294

 カッコウさん

 ここに入会したら いろいろな部門に先輩がご健在で、これまでのお山の大将振りを反省します。

 それにしても
 着地直前イネ科の雑草の穂が足元で張線にシャリンシャリンと撫でられる音が心地よかった。一回ごとに風下へ運ぶのは苦労でしたが、

 JA1XUE de JA0HP 73
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2011/7/28 6:47
編集者  長老 居住地: メロウ倶楽部  投稿数: 4294

 瀬里恵さん、善兵衛さん、カッコウさん、こんばんは。

引用:
左図は初級滑空機(プライマリー)ですね。懐かしくて画像を引用させて貰いました。と言うのは、瀬里恵の旧制工業学校における専門の1つに木製航空機があったからです。(もっとも勤労動員で学習は出来ませんでしたが…)
 
 本当に久し振りにプライマリーの言葉を聞きました。

 昭和19年中学に入りましたが、その時の入学試験の校長面接で将来なりたいものはと尋ねられ、航空機の設計技師と答えた事を今は亡くなった元校長も覚えていました。

 200人の入学者中、たった一人だったので覚えていたそうです。

 その中学校にはプライマリーがありました。
 しかし、担当のカマキリと言う渾名の先生が応召され、遂にグライダー部が復活しないまま敗戦を迎えました。

 10年前に僅かな時間ではありますが、パラグライダーの単独飛行でその無念を晴らしました。

 ソアラーは、去年の8月北海道の滝川へ予約を取って出掛けまし
たが、大きな颱風の通過でお預けとなったままです。

 眠っていた虫が蠢き始め、宥めるのに苦労しています。

  条件検索へ