@





       
ENGLISH
運営団体
メロウ伝承館プロジェクトとは?
記録のメニュー
検索
その他のメニュー
ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

終戦60年を迎えた大正世代の吾れ

  • このフォーラムに新しいトピックを立てることはできません
  • このフォーラムではゲスト投稿が禁止されています

投稿ツリー


前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - | 投稿日時 2005/8/14 14:50
自然  半人前 居住地: 横浜(福井)  投稿数: 22

 日本陸海軍76年の歴史が終焉《しゅうえん=おわり、臨終》して60年を迎えるその日は 兵役に服して2年半経った昭和20年《1945年》8月15日午後の営庭《=兵営の庭》に在った。

 「耐え難きに耐え・・・・」との玉音《ぎょくおん=天皇のお声》を恐懼《きょうく=おそれかしこまる》謹聴した興奮が覚め
止まず 脳裏を過ぎったのは 「負けたのか!」に併せ 「今夜
から灯火管制が・・・」との腑《ふ》抜けた寂寥《せきりょう=物寂しい》感とも溜息《ためいき》ともつかぬ
呟き《つぶやき》の交叉《こうさ=互い違いの組み合わせ》であった。

 ここ平壌は 幼児から小・中学を終え 一時期 寺院継承資格履修《りしゅう=習い修める》の1年を空けた他は 兵役義務までも同地駐屯の聯隊《れんたい=連隊》に入営した地縁に結ばれ 終戦からソ聯邦《それんぽう=ソビエト社会主義共和国連邦》強制抑留《きょうせいよくりゅう=強制的に留め置く》移動の10月までの23年間と 国外収容2年を加えた25年の外地居住を終えて 内地に帰ったのである。

 戦後60年を迎えて兵役に服した4年8ヶ月を回顧すると戦陣訓《=陸軍の「戦時下における将兵の心得」》の死生観に説く「従容《しょうよう=落ち着いたさま》として悠久《ゆうきゅう=長く久しい事》の大義に生くることを悦びとすべし」との諭しは 生死に関わるだけに 未だに重く脳裏を離れない。

 「陸軍二等兵」を初任に初年兵初期訓練6ヶ月を終え 兵科幹部候補生《=将校または下士官となる事を希望しテストに合格したもの》に採用から乙幹《おつかん=乙種幹部候補生》に属し 下士官勤務にも馴《な》れた3ヶ月めに 聯隊は南方戦線動員が下達され 満州事変《1931年》以後続いた現役3年次編成の聯隊は 一挙に戦時体制に転換 戦闘隊に配置されて頭髪・爪の遺留《=戦死に備えて遺品の準備》等万端を済ませていたところへ「幹部候補生全員は補充隊に残留」命令により 第二の岐路《きろ=別れ道》へ分けられた。

 爾後《じご=その後》 8ヶ月後に「陸軍軍曹」任官 併せて「将校勤務適任証」を授与され「現役満期」即日「臨時召集」 兵役延期 「除隊」は夢と遠のき
入営2年経った昭和20年4月「兵科見習士官」に任官 士官勤務に就いていた8月14日 ソ聯軍侵入迎撃《げいげき=迎え撃つ》出動体制に入っていた14日 翌15日正午の本部集合が指示され先の終戦の詔勅発布《しょうちょくはっぷ》に接したのである。

 軍隊にある限り 母隊は南方戦線の戦闘で壊滅する 片や補充隊はソ聯軍迎撃の出動に備えるといった岐路は 死生観の大義から遁《のが》れることがなく 何れも生死の岩頭に立っていたとも言えようか。

 先の大戦での148万の戦死を数えた壮丁《そうてい=若者》への垂訓《すいくん=教訓》「死生観」の大義は 生き残った吾等《われら》の脳裏から消し去ることのできない命題《めいだい》となっていまもある。

前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2005/10/11 11:29
自然  半人前 居住地: 横浜(福井)  投稿数: 22

 終戦で 「防人《さきもり=辺土を守る人》」が「虜《とりこ=捕虜》」に一転した平壌の2ヶ月間は柵《さく》外の様子を知ることが出来ず この地に住む家族をはじめ知人 縁者の消息を案じながらソ連抑留の2年が加わり 復員後の再会で実情を知った有様であった

 まして軍関係は45年も確かめられずに経過し 1990年にインターネットからレイテ戦線での母隊歩77聯隊の戦記やネットブログで識ったのだが 自分の所属した部隊の実態は身近かのことしか知らずに終戦 60年のこの年を迎え 奇しくも記録がサーチできて長年の悲願が叶《かな》ったのであって それが「三合里戦友会」の記録である
 
 終戦時の平壌は関東軍《=満州に駐屯した日本陸軍》の南下や難民の流入と 師管区自隊の収拾で混乱し 兵力は6千名程度であったが北方からの流入が7万人ほと゛あっ て 迎える寒期には死をもって對処する以外に手段がない有様であったと言う

 思い返すと 終戦から26日の武装解除までは治安警備に就いて28日の武装解除の翌29日には師管区部隊に合流 9月3日将校は美勒洞(2千人)下士官兵(3万人)は三合里の廠舎《しょうしゃ=軍隊が演習などで宿泊する家屋》に分割収容されての虜予備群生活が2ヶ月続いたのであるが 将校集団は2千名に膨《ふく》れあがり 只管《ひたすら》本土帰還を待ち侘《わ》びていた

 十月に入ると 元山港から船で日本へ帰還するとのことで移動準備に入り 支給された防寒衣服は内地では不用と身軽に纏《まと》め 下旬に一集団(1千名)が夜間遅くに人通りの無い街筋を通り抜け 平壌駅に向い夜明けとともに貨車 輸送で 北鮮の興南港ソ連邦ポセット港---シベリヤ 鉄道---エラブ カ (カザン地区)と2ヶ月かけた12月末に先住のドイツ・オランダ兵のいる収容所に入り 2年間の抑留となった

 平壌からのシベリアへの輸送内訳は

 年月  作業大隊  人員   収容所  経由地  上陸地  備考
昭和二十年 五   五千    三合里  興南   ナホトカ
        五   五千     〃     〃    ポセツト
        ニ   ニ千百十  美勒洞   〃    〃    将校団
        一    千     三合里   〃    ウラジオ 
        一     千      〃     〃   ポセツト
 十一月   五   五千      〃   延吉
        二  千百二十五 秋乙病院  〃          病院
        一    千      秋乙   興南
 十二月   一    千     三合里   延吉
翌年一月  二   二千      〃    興南   ポセツト
  計  二十五 二万四千二百三十五名

とあり 「三合里の歴史が、時間の経過の中に埋没して忘れ去られることである。こうなっては亡くなった戦友達に相済まぬ。この書がその歯止めになって子々孫々まで語り継がれることを願う」と結んでいるが 既に有縁の吾が戦友は身内の3名を数えるのみで 年をおうて記憶も薄れて ゆくことを想えば断片たりとも記録をと 筆を染めた次第である
  条件検索へ