@





       
ENGLISH
運営団体
メロウ伝承館プロジェクトとは?
記録のメニュー
検索
その他のメニュー
ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

少年倶楽部と子供の科学 変蝠林

投稿ツリー


このトピックの投稿一覧へ

編集者

通常 少年倶楽部と子供の科学 変蝠林

msg#
depth:
0
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - | 投稿日時 2010/12/17 14:59
編集者  長老 居住地: メロウ倶楽部  投稿数: 4294

 スタッフより

 この投稿(含・返信)は、メロウ倶楽部の公開サイト「大正の部屋」への投稿(2008/01/30)を、投稿者(含・返信者)のご承諾を得て転載するものです。

-----------------------------------------------------------

 小学高学年の頃に「少年倶楽部」と「子供の科学」は必読書でした。
 静岡の馬場町と言う処の本屋に毎月通った事を懐かしく想起します。
 
 未だ舗装されてない道路には馬糞が湯気を立てて居った時代でした。
 考えて見れば当時の子供達にマンガの本は与えられて無かった様な。

 スパイダーコイルを巻き鉱石ラジオを如何に小さく作るかが競争でした。
 あの頃の子供達は殆ど戦死して仕舞った。責任重大だが如何にせん。

  条件検索へ